看護師の給料まとめ

看護師の給料と資格の関係

看護師の給料について、看護師は給料に資格手当が存在します。

この資格手当にあたるのは正看護師資格と準看護師資格ですね。また、正看護師ではさらに各種の専門看護師や認定看護師などの資格を取得することで、手当が追加されたりします。


こういった資格手当は各病院の就業規則により異なります。

その為、職場を決める際、給料として基本給の部分だけではなく、資格手当も気にした方がいいでしょう。基本的に資格手当は毎年変化しませんので、職場の給料で差がつく部分でもあるのです。この資格による手当ですが、各病院により差がありまして、基本1万円位からと言っていいでしょう。もっと高い病院も多くありますが、基本給が低めに設定されていることもあります。就職の際、勤務条件だけではなく各種手当も確認すべきでしょう。

しかもこの資格手当、労働条件を契約する際の決まる部分ですので、まれに資格手当がない職場もあります。パートでは時間給に組み込まれている場合もありますね。このあたりは確認すべきです。


正看護師と準看護師の資格手当の差についてですが、これも各病院の就業規則に準じます。その為、一概には言えませんが、資格手当による差額は5,000円からありますね。

正看護師と準看護師を比較した場合は基本給から差がつく場合も多いですので、資格手当以外の要素もあり、やはり準看護師は給料が低めになっています。


ちなみに他の手当では夜勤手当や危険手当などもあったりします。こういった手当は看護師の給料の中でかなりの部分を占めます。

その為資格手当は、給料の中で基本手当となる部分ですので、就職時はしっかり見ておかないとならない部分になるでしょう。


病院の看護師の給料

看護師の給料は勤務する病院でかなりの差があります。

一言に病院とはいっても公立病院、国立病院、そして民間病院や地域主体のクリニックなど様々な勤務場所があります。

それぞれ病院によりシフトも違いますし、転職して驚く場合も多いです。勤務形態の確認も必須ですね。


給料についてですが、平均を比較すると公立病院、要するに都道府県や市町村が経営する病院が最も給料は高いようです。次が国立ですね。公立病院は地域公務員として採用される場合が多いですし、国立では独立行政法人国立病院機構職員給与規程により、勤続年数で給料は加算されていきますから、地域の差が少なく安定して職場を求めやすいのも特徴です。


民間の病院は、その病院規模により大きな差があります。その為か平均値は低くなっています。勤務する場合、最も給料にばらつきがある選択肢になりますね。

実際の数値では国立の平均年収は550万円、公立は590万円、クリニックなどは447万円となっています。クリニックでは夜勤の有無もあるせいでしょう、給料は低いですね。


看護師が良い職場がどこか考える場合は、公立病院が一番良いということになりそうですね。

民間でも人気の病院は給料が高いケースも多いですが、待遇がいい病院は退職者も少なく求人自体が少ない場合も多いです。人間関係も含め、いってみないとわからない場合も多いですので、勤務場所として当たりはずれもありますね。

安定して高い水準の給料を期待する場合は、やはり公立病院がいいでしょう。


看護師への転職で気になる給料

看護師は給料が基本的に一般職と比較し、高めな傾向にあります。

ただし、その給料は職場により異なり、地方などでは格差もあるのが現状です。

基本給、資格手当、夜勤手当など各社で幅が大きいですね。

とはいえ、看護師の勤務は多忙で、高い品質が求められます。このあたりはどこの職場でも同じです。

看護師は需要が多い職業なだけに、給料に不満がある場合は転職もいい方法だと思います。

転職により給料がアップしている看護師も多いですので、より良い職場を求めていく事は大切な考え方です。


看護師が勤務する際、給料だけが待遇面でのポイントというわけではありませんが、多い方が良いのは確かです。むしろ転職の際はいい条件で転職可能かを考慮しますので、給料は転職先を選ぶ際のポイントになります。

看護師は同じ職場に長く勤務する人が少ない傾向にあり、一定期間で転職する人も多いです。転職理由はというと、給料や人間関係、教育制度、スキルアップ希望など様々ありますね。

転職先としては病院、クリニック、介護施設や企業看護師という選択肢もあります。どの職場を選択するかは、転職先に何を希望するか、そこで変わっていくと思います。


看護師の転職先では給料が多い職場はその分、勤務形態がハードな場合もあります。

その為、転職の際は給料だけではなく、どういった勤務形態で人間関係はいいのか、働きやすい職場なのか、仲介業者を通したり見学したりチェックは必要になります。

良い転職だったと言いたい物ですし、やはり転職前のチェックは大切なのです。